ブラインドサッカーアジア選手権、日本はイランと引き分け望みつなぐ/2日目

9月4日(金)11時39分 サッカーキング

ブラインドサッカーアジア選手権2日目の結果

写真を拡大

 IBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2015の大会2日目が3日に国立代々木競技場フットサルコートで行われた。

 同大会は、日本、中国、韓国、イラン、インド、マレーシアの6カ国で1回戦総当りのリーグ戦が行われ、その後、各国が順位に応じて5位決定戦、3位決定戦、決勝戦に臨む。決勝進出を果たした2カ国には2016年に開催されるリオデジャネイロ・パラリンピックへの出場権が与えられる。

 初戦を落とした日本は第2戦でイランと対戦した。日本はイランの猛攻をしのぎつつ、果敢に攻め入る場面もあったが一歩及ばず、試合は0−0のスコアレスドローに終わった。この結果、2試合を終えて勝ち点1の日本は5位に順位を落としたが、2位内確保に向けてなんとか望みをつないだ。

 その他、マレーシアがインドに、中国が韓国にそれぞれ1−0で勝利を収めている。

■2日目の結果
マレーシア 1−0 インド
中国 1−0 韓国
イラン 0−0 日本

■順位表
1位 中国 (勝ち点6/得失点差2)
2位 イラン (勝ち点4/得失点差5)
3位 韓国 (勝ち点3/得失点差5)
4位 マレーシア (勝ち点3/得失点差−4)
5位 日本 (勝ち点1/得失点差−1)
6位 インド (勝ち点0/得失点差−6)

■3日目の対戦カード(4日開催)
中国 vs マレーシア
イラン vs インド
韓国 vs 日本

サッカーキング

「アジア選手権」をもっと詳しく

「アジア選手権」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ