神戸のベルギー代表DF、古巣アーセナルに言及「昨季より良くなっている」

9月4日(水)17時51分 サッカーキング

ベルギー代表のヴェルマーレン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ヴィッセル神戸に所属しているベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンが、かつての古巣であるアーセナルについて言及した。3日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今年の7月にバルセロナからヴィッセル神戸へ加入したヴェルマーレンだが、バルセロナへ移籍する前はアーセナルに5シーズン在籍していた。

 そんなアーセナルは今夏、25人のプレーヤーを放出したが、クラブ史上最高額の移籍金を投じたコートジボワール代表FWニコラ・ペペら新戦力も獲得。首位から28ポイント差の5位で終わった昨シーズンからの巻き返しを図る“ガナーズ”に、ヴェルマーレンは以下のようにコメントした。

「夏に獲得した選手たちが、ここまで良い効果をもたらしているね。フロント陣は、移籍市場で素晴らしい仕事をしたと思うよ」

「もちろんこれからの適応が必要な選手もいるけど、彼らには優秀な監督がついているんだ。昨シーズンよりも上位に入れると期待しているよ」

 ヴェルマーレンも期待するアーセナルは、ここまでリーグ戦4試合を終えて2勝1分1敗。現在5位につけている。

サッカーキング

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ