英4部クラブのDFが噛みつき行為で3試合の出場停止処分も!?バーでのトラブルで過去に逮捕歴も

9月6日(金)17時0分 フットボールチャンネル

 イングランド・フットボールリーグ2(4部)のニューポート・カウンティに所属するDFライアン・イニスが、EFLトロフィーのウェストハムU-23との試合でDFリース・ハナムに噛みつき、3試合の出場停止処分になる可能性があるようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の5日に報じた。

 現地時間の4日にフットボールリーグの下位2ディビジョンであるEFLリーグ1(3部)とリーグ2のクラブが参加するEFLトロフィーのグループステージが各地で行われた。

 ウェストハムU-23と対戦したニューポートのイニスはコーナーキックのチャンス時に、ハナムと接触。その際にイニスがハナムに噛みついたという。同メディアによると、イニスに最低でも3試合の出場停止処分が下される可能性があるという。さらに、イングランドサッカー協会は現在も調査を進めていて、さらに処分が重くなる可能性もあるという。

 クリスタル・パレスの下部組織出身のイニスは、2013年にトップチームに昇格するも、同年8月にチェルトナム・タウンFCに期限付き移籍。その後も、期限付き移籍を繰り返し、クリスタル・パレスでは1試合も出場していない。今季からニューポートへ期限付き移籍となっている。

 同メディアの報道によると、イニスは過去に逮捕歴があるという。酒癖の悪い同選手は度々トラブルを起こしている。2016年には酔ったイニスがバーで喧嘩になり、ビンで相手の頭を殴って逮捕されていた。その後、同選手は釈放され、罰金処分と20日間のアルコール依存症のためのリハビリを行っていた。

フットボールチャンネル

「処分」をもっと詳しく

「処分」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ