レノファのベテランDF坪井慶介が右アキレス腱周囲炎で離脱。GK永石拓海は右大腿四頭筋肉離れ

9月6日(金)18時0分 フットボールチャンネル

 J2のレノファ山口FCは6日、元日本代表DF坪井慶介が右アキレス腱周囲炎で3週間程、GK永石拓海が右大腿四頭筋肉離れで4週間程離脱することをクラブ公式サイトで発表した。

 現在39歳の坪井は2018年からレノファでプレーしている。昨季はリーグ戦23試合に出場したものの、今季はここまでリーグ戦4試合の出場のみとなっている。レギュラー奪取に燃えるベテランにとって痛い離脱となるだろう。

 また、永石は右大腿四頭筋肉離れと診断され、4週間ほど離脱となるという。永石は今季リーグ戦1度も出場していない。

フットボールチャンネル

「離脱」をもっと詳しく

「離脱」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ