ライコネン、ペレスがグリッド降格/F1第14戦イタリアGPグリッド

9月8日(日)20時20分 AUTOSPORT web

 2019年F1第14戦イタリアGP決勝レースは、9月8日日本時間の22時10分からスタート。


 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは予選でノータイムだったものの、レーススチュワードにより決勝レースへの出走を許可されている。なお、フェルスタッペンは金曜日の段階で新品のパワーユニットに交換しているため後方グリッドが確定している。


 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、マクラーレンのランド・ノリスもそれぞれ新品のパワーユニットに交換したため、こちらも後方グリッドからスタートに。


 予選Q1のPUトラブルによってマシンがストップしたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)は、ピットレーンスタートを回避するためメルセデスの新スペックのエンジンではなく、新品の旧スペックエンジンを投入する。このため通常のグリッドペナルティが科され予選でタイムを出さなかったフェルスタッペンのひとつ前の18番グリッドに。


 予選Q3でクラッシュしたキミ・ライコネン(アルファロメオ)は、ギヤボックスを交換して5グリッド降格。さらにスペック違いの新エンジンを交換したためピットレーンスタートとなる。


F1第14戦イタリアGPグリッド


































































































































PosNo.DriverTeam
116C.ルクレールフェラーリ
244L.ハミルトンメルセデス
377V.ボッタスメルセデス
45S.ベッテルフェラーリ
53D.リカルドルノー
627N.ヒュルケンベルグルノー
755C.サインツJr.マクラーレン
823A.アルボンレッドブル・ホンダ
918L.ストロールレーシングポイント
1099A.ジョビナッツィアルファロメオ
1120K.マグヌッセンハース
1226D.クビアトトロロッソ・ホンダ
138R.グロージャンハース
1463G.ラッセルウイリアムズ
1588R.クビサウイリアムズ
164L.ノリスマクラーレン
1710P.ガスリートロロッソ・ホンダ
1811S.ペレスレーシングポイント
1933M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ
PIT7K.ライコネンアルファロメオ


AUTOSPORT web

「イタリアGP」をもっと詳しく

「イタリアGP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ