ロッテ・マーティン汚名返上弾 前夜2度落球の雪辱11号「昨日は野球人生で最悪の一日だったけど…」

9月8日(日)5時48分 スポーツニッポン

6回無死一塁、右越え本塁打を放ったマーティン(撮影・中村達也)

写真を拡大

 ◇パ・リーグ ロッテ4−0ソフトバンク(2019年9月7日 ヤフオクD)

 一夜で笑顔が戻った。2—0の6回無死一塁。ロッテ・マーティンは椎野の初球チェンジアップを迷わず振り抜き、右翼ホームランテラスへダメ押しの11号2ランを放った。

 「昨日は野球人生で最悪の一日だったけど、1日で活躍できた。ファンやチームメートに感謝したい」。6日の試合では2度落球し、それが決勝点となった。ソフトバンクの応援席からは「いいぞ、いいぞ、マーティン」や「センター返し」など心ないコールも浴びたが、その右翼席めがけて雪辱弾を放った。

 支えになったのは自身のSNSへ来たファンからの温かいメッセージ。「一生忘れない励ましだ」と返信した。中堅から本来の右翼に戻った守備でも無失策。もう大丈夫だ。

スポーツニッポン

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ