雄星 6回途中1失点 安定感増し「少し自信にしていい部分もある」

9月9日(月)5時48分 スポーツニッポン

アストロズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星(AP)

写真を拡大

 ◇ア・リーグ マリナーズ1−2アストロズ(2019年9月7日 ヒューストン)

 マリナーズの菊池は6回途中5安打1失点と好投。7勝目は逃したが、過去2戦で計11失点したアストロズ打線をソロ本塁打による1点に抑えた。「やられっ放しだった相手にこういうピッチングができた。少し自信にしていい部分もある」。これで8月18日の初完封以降は4試合で防御率3・38と安定感が出てきた。

 「対打者とか配球という部分のバランスは段階を上がっている」。残り3度の先発で来季につながる投球を続ける。(笹田幸嗣通信員)

スポーツニッポン

「マリナーズ」をもっと詳しく

「マリナーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ