満身創痍の栃ノ心、痛恨の反則負け... 相手の髷に指が入る 2勝2敗が一転1勝3敗に

9月11日(水)17時58分 AbemaTIMES

大相撲秋場所>◇四日目◇11日◇東京・両国国技館

 大関・栃ノ心(春日野)が、小結・阿炎(錣山)をはたき込みで破ったと思われたが、手が阿炎の髷をつかんだとして、反則負けを喫した。これで栃ノ心は1勝3敗となった。

 初日から2連敗を喫し、ようやく三日目で初勝利を挙げていた栃ノ心は、右膝痛を抱えながら、満身創痍の土俵。動きの早い阿炎に苦戦をすると見られていたが、なんとか突っ張りに耐えると、逆転のはたき込みで2勝目を手に入れたと思われた。

 ところが直後に勝負審判から物言いがつくと、ビデオで確認した結果、阿炎の髷をつかんだとして反則負けに。土俵下に座った栃ノ心は両腕を組み、憮然とした表情を浮かべていた。

 AbemaTVで解説を務めた元幕内・木村山の岩友親方は「仕方ないですね。故意ではないと思うんですが…」と語るしかなかった。

(C)AbemaTV

▶【クライマックス】大相撲LIVE 秋場所(幕内)4日目

▶AbemaTV大相撲ダイジェスト 4日目

AbemaTIMES

「栃ノ心」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「栃ノ心」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ