スーパーGT 2020年『クラス1』GT500車両ギャラリー(1):ホンダNSX-GT

9月11日(水)16時47分 AUTOSPORT web

 9月11日、鈴鹿サーキットで2020年から導入されるスーパーGT GT500クラスの3メーカーの車両が公開された。DTMドイツ・ツーリングカー選手権との共通技術規則である『クラス1』に準拠した3メーカーの車両が公開されたかたちだが、その車両ディテールをご紹介しよう。まずはFRレイアウトを採ることになったホンダNSX-GTだ。


 もともと市販車と同様のエンジン搭載位置を採るべく、2014年から登場したNSXコンセプト-GTからミッドシップレイアウトを採用。もともとFRを想定されていたクラス1車両のなかで、ホンダの努力もありミッドシップ化されていた。


 しかし2020年から、NSX-GTはクラス1規定に完全に準拠した「フロントエンジン、リヤドライブとなります(清水宏モータースポーツ部長)」のマシンとして生まれ変わることになった。この日公開されたNSX-GTは、あくまでショーカーモデルという位置づけであるため、またスタイリングはわずかに変わることが予想される。


 清水宏モータースポーツ部長は「2017年に発売を開始致しましたNSXをベースに、新たに技術規則『クラス1』に完全に準拠したスーパーGT車両を、GT500クラスに投入することを発表致します」と記者発表会で語った。


「皆さまご存知のとおり、DTMでは2019年からすでに『クラス1』車両がレースに参戦しており、坂東正明代表が語ったとおり、日本で開催されているスーパーGTでも、同一技術規則が来年から導入されることは、交流戦を含め新たな価値を生み出す良い機会だと思っています」


「世界中に『日本にはスーパーGTというカテゴリーがある』ということをプロモートする機会であると認識しています」


 残念ながら9月12日からのテストでNSX-GTは走行しないが「これまでのNSX-GTの功績に恥じることのない、素晴らしいパフォーマンスをお見せできるように開発を加速していきます」と清水モータースポーツ部長。実戦ではどんな姿で登場するのか、そしてどんなパフォーマンスをみせるのか、大いに楽しみなところだ。

2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT。これまでリヤにあったエキゾースト出口はなくなった。
2020年モデルのホンダNSX-GT。これまでリヤにあったエキゾースト出口はなくなった。
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT。これまでリヤにあったエキゾースト出口はなくなった。
2020年モデルのホンダNSX-GT。これまでリヤにあったエキゾースト出口はなくなった。
ホンダが2020年のスーパーGTに投入するNSX-GT。新たにFRレイアウトとなる。
ホンダが2020年のスーパーGTに投入するNSX-GT。新たにFRレイアウトとなる。
2020年モデルのホンダNSX-GT。右サイドにエキゾースト出口が。
2020年モデルのホンダNSX-GT。右サイドにエキゾースト出口が。
2020年モデルのホンダNSX-GT。これまでリヤにあったエキゾースト出口はなくなった。
2020年モデルのホンダNSX-GT。これまでリヤにあったエキゾースト出口はなくなった。
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT
2020年モデルのホンダNSX-GT
ホンダNSX-GTのグリル内にはこれまでなかったものも。インタークーラーが見える。
ホンダNSX-GTのグリル内にはこれまでなかったものも。インタークーラーが見える。


AUTOSPORT web

「車両」をもっと詳しく

「車両」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ