【MLB】大谷翔平は3戦連続「3番・DH」で復活なるか 前日は4打数無安打

9月11日(水)8時35分 フルカウント

前日は球宴MVP右腕相手に4打数無安打

■エンゼルス – インディアンス(日本時間11日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地のインディアンス戦で「3番・指名打者」でスタメン出場する。インディアンス先発は今季デビューのザック・プリーサック。ここまで18試合を投げ、防御率3.98、大谷は初対戦となる。

 大谷は前日9日の同戦で3番に座るも、今夏のオールスター戦でMVPに輝いた右腕シェーン・ビーバーを相手に苦戦して2三振、4打数無安打となった。今季成績は打率.289、17本塁打、12盗塁。61打点は昨季に並びメジャー自己最多タイだ。

 8月前半は11戦連続安打など好調だったが、後半から不調に陥り、9月も調子を取り戻せずに苦しんでいた大谷。 7日(同8日)の敵地ホワイトソックス戦では15試合ぶりの17号3ランを含む5打数3安打、メジャー自己最多の1試合5打点と活躍しており、復調に期待がかかっている。

 また7番には大谷に次ぐ二刀流として注目されるウォルシュがスタメン入りした。前日は8回に代打で出場すると、自身メジャー1号となるソロを放つなど活躍していた。

 エンゼルスのスタメンは以下の通り。

【エンゼルス】
1(中)グッドウィン
2(三)フレッチャー
3(指)大谷翔平
4(左)アップトン
5(右)カルフーン
6(遊)シモンズ
7(一)ウォルシュ
8(二)レンヒーフォ
9(捕)ベンブーム
投手 スアレス(Full-Count編集部)

フルカウント

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ