ロイス、現役引退後はサッカー界を離れる意向。「やっていない事に挑戦してみたい」

9月12日(木)8時40分 フットボールチャンネル

 ボルシア・ドルトムントに所属するドイツ代表FWマルコ・ロイスは現役引退後にサッカー界とは別の道を歩んでいく事を考えているようだ。

 ロイスは11日付けの独メディア『ディ・ツァイト』のインタビューで「監督やチームマネージャーとして引退後に15年も20年もサッカー界で働くという事は私の望んでいる事ではない」と選手としてのキャリアを終えた後はサッカーから離れる意思を語った。

 続けて「人生で他の事も見聞きしてみたいし、まだやっていない事にも挑戦してみたい。経験した事のない多くの事をやってみたいんだ。そのためには時間が必要だ」とロイスは改めて強調した。

 現在30歳のロイスはドルトムントとの契約を2023年まで残している。これまで通算245試合で119得点76アシストを記録しているロイスはクラブとの契約が切れる34歳の時点で他のクラブのユニフォームを着てプレーする事は想像できないと考えているようだ。

 4年後にドルトムントと契約延長をするのか、それとも現役を引退するのか。そしてロイスは本当に現役引退後、サッカー界から離れてしまうのだろうか。

フットボールチャンネル

「引退」をもっと詳しく

「引退」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ