大谷4戦ぶり弾丸18号 本拠地弾は8・18以来

9月12日(木)10時56分 日刊スポーツ

エンゼルス対インディアンス 5回裏エンゼルス1死、右越えに18号本塁打を放つエンゼルス大谷(撮影・菅敏)

写真を拡大


<エンゼルス−インディアンス>◇11日(日本時間12日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(25)が、4試合ぶりの18号ソロを放った。
5回1死走者無しの第3打席、右腕プロッコの投じた135キロのスライダーを右翼席へライナーで運んだ。
本拠地での1発は、8月18日のホワイトソックス戦以来。この日は第1打席で三振。第2打席も右飛に倒れ12打席連続無安打となったが第3打席で13打席ぶりの安打が本塁打となった。これで今季62打点目。1年目の昨季の61打点を上回った。
チームが5年連続でプレーオフ進出を逃した中、地元ファンの前で存在感を示した。

日刊スポーツ

「大谷翔平」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ