【巨人】丸、驚がくのノールックツイスト打法で26号2ラン「完璧でした」

9月12日(木)21時4分 スポーツ報知

4回1死一塁、25号2ランを放つ丸(カメラ・池内 雅彦)

写真を拡大


◆DeNA—巨人(12日・横浜スタジアム)

 巨人の丸佳浩外野手(30)が、驚がくのアーチを描いた。

 2点リードの4回1死一塁。武藤の高め直球をツイスト打法で捉え、右翼席へ26号2ランを放った。打った瞬間の丸は下半身の回転を止め、バットを振り抜いたが、顔は三塁ベンチを向いたまま。驚がくのノールックツイスト打法で放った10戦ぶりの一発に「すごくいい感触で打てました。完璧でした」と笑みを浮かべた。

スポーツ報知

「巨人」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ