2020年、ポルシェ初の“ビジョン・グランツーリスモ”が登場へ。ポリフォニー・デジタルとの提携を拡大

9月13日(金)12時16分 AUTOSPORT web

 ポルシェと日本のゲームスタジオ、ポリフォニー・デジタルは9月11日、戦略的パートナーシップを拡大すると発表。『グランツーリスモSPORT』で両社のコラボレーションを強化していくとした。


 9月10日に開幕したフランクフルトモーターショー2019(IAA 2019)において、ポルシェとポリフォニー・デジタルは、プレイステーション4ソフト、グランツーリスモSPORT用に新型EV『タイカン・ターボS』とデザインスタディモデルの『917リビング・レジェンド』という2台のクルマを新たに登場させると発表した。


 タイカン ターボSはこのIAA 2019で世界初披露されたポルシェの4ドアスポーツセダン。フル電動パワートレインを搭載する同モデルは正式発表前の今年8月、“ノルドシュライフェ”とも呼ばれるドイツ・ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、市販EVセダン最速タイムとなる7分42秒を記録している。


 ゲームに追加されるもう1台のポルシェは、同ブランドが初めてル・マン24時間で総合優勝を手にした1970年の優勝車、ポルシェ917の50周年を記念して作られた仮想モデルだ。917リビング・レジェンドと名付けられたこのモデルは、そのスタイリングやカラーリングが当時のポルシェ917Kを彷彿とさせるものになっている。ゲーム内での登場予定は2020年前半だ。


 また、ポルシェはこのスタディモデルとは別に今後、グランツーリスモSPORT内に登場するビジョン・グランツーリスモを製作することをアナウンス。その登場を2020年内としている。


「モータースポーツは私たちのDNAの一部であり、レーシングゲームはレーストラックでポルシェを自分で運転する素晴らしい機会を与えてくれる」と語るのは、ポルシェのマーケティング副社長を務めるシェル・グルーナー氏。


「複数の賞を受賞した『グランツーリスモ』シリーズは、我々のファンにレーシングゲームでポルシェ車を体験する機会を提供するのに最適なパートナーだ。また、我々はeスポーツ活動をさらに強化することも最優先事項であると考えているんだ」


 2017年以後、グランツーリスモに正式登場したポルシェの最新モデルは2019年10月に予定されている無料DLCアップデートで入手可能となる。

ポルシェ・タイカン ターボSは2019年10月の無料DLCで入手可能となる予定だ。
ポルシェ・タイカン ターボSは2019年10月の無料DLCで入手可能となる予定だ。
『グランツーリスモSPORT』に登場するポルシェ・タイカン ターボS
『グランツーリスモSPORT』に登場するポルシェ・タイカン ターボS


AUTOSPORT web

「ポルシェ」をもっと詳しく

「ポルシェ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ