【MLB】ダルビッシュ、圧巻14奪三振! 6回無失点の好投、自身4度目の200奪三振到達

9月13日(金)6時55分 フルカウント

5回までパドレス打線をわずか1安打に抑え込む力投

■パドレス – カブス(日本時間13日・サンディエゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手が、圧巻の“奪三振ショー”を展開した。12日(日本時間13日)、敵地パドレス戦で今季29試合目の先発マウンドに上がると、6回2安打無失点。驚異の14奪三振を奪い、6勝目の権利を持ったまま降板となった。

 初回。ガルシアを遊飛、マルティーニを空振り三振、マイヤーズを中飛に打ち取ると、波の乗った。2回はパドレスの中軸を3者連続三振。3回に初安打を許したが、難なく無失点に切り抜けると、4回1死から5回2死にかけても3者連続三振。この回2つの四球を与えこそしたものの、3つのアウト全てを三振で奪った。

 この試合までダルビッシュは190奪三振を奪っており、5回の2死目を奪ったこの日10個目の三振で今季200奪三振に到達。6回には先頭のガルシアに三塁打を浴びたが、そこから驚異の3者連続三振。得点を与えずに6回を投げ切った。

 カブスは初回にブライアントの犠飛で先制。4回にはハップの2点適時打で追加点を奪い、3点をリード。ダルビッシュは110球を投げ、6回2安打14奪三振無失点の快投で6勝目の権利を掴んだ。(Full-Count編集部)

フルカウント

「三振」をもっと詳しく

「三振」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ