バースデーウィークに初優勝を!スタイヤーノ梨々菜が5位T発進

9月14日(金)19時44分 ALBA.Net

21歳を迎えたスタイヤーノ 気持ちをあらたに好発進!(撮影:鈴木祥)

写真を拡大

<山陽新聞レディースカップ 初日◇14日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,380ヤード・パー72)>

9月14日(金)、国内女子ステップ・アップ・ツアー「山陽新聞レディースカップ」が開幕。初日は佐藤絵美がステップ・アップ・ツアー最少ストロークとなる「63」をマークし、9アンダー単独首位発進を見せ、3打差の2位タイには林菜乃子、河本結、淺井咲希がつけた。


今大会には、7月のプロテストで合格したルーキーが13名出場しているが、林、河本に続き、スタイヤーノ梨々菜、イ・ジヨン(韓国)も5アンダー・5位タイと好位置につける。

スタイヤーノは9月11日に21歳を迎え、今週はバースデーウィーク。初日好発進には「前半はドライバーが右に曲がっていましたが、後半はティを少し低くして曲がりを抑えることができた。アイアン、パターは悪くなかったです。今季いいスタートをきれたのが初めてなので嬉しいです」と語った。

2017年、単年登録でステップ開幕戦からプロデビュー。今季もステップが主戦場で「Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament」では4位タイの好成績。また最終プロテスト前の7月半ばからパッティングの調子を上げ、見事テストを突破し、晴れてLPGA会員入りを果たした。

イタリア人の父、日本人の母の間に生まれたハーフだが、言葉は関西弁とギャップがあり、同期のなかでも人気もので「あえて“いじられ役”に回っています(笑)円滑にコミュニケーションを促す役。いじられ方がナンセンスならスルーしますけど、上手くやってくれたらしっかり返しますよ」。ただ「人前に出ると(緊張で)あがってしまうんです」と真面目な一面もあるとか。

アイアンショットを得意とするが、現在はコーチと100ヤード以内の強化を図る。先週の「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」では裏方業務を行うルーキーキャンプに参加したが、「シード選手のプレーを間近に見て、レベルが全然違うなと思って意識が変わりました」。バースデーウィークに目指す初優勝。2日目はさらなる上位を狙いたい。(文・標英俊)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ