史上最年少16歳2カ月でプロテスト合格の竹内優騎も3次へ【男子セカンドQT】

9月14日(金)20時3分 ALBA.Net

史上最年少でプロテスト合格を果たした竹内優騎も3次にコマを進めた(写真は2018年最終プロテスト・日本プロゴルフ協会提供)

写真を拡大

2019年の出場権をかけた男子のクォリファイングトーナメント(QT)。8月下旬から10月上旬にかけてセカンドQTが行われているが、9月11日(火)〜14日(金)には五浦庭園カントリークラブ(福島県)、COCOPA RESORT CLUB白山ヴィレッジゴルフコース キングコース(三重県)会場がそれぞれ全日程を終えた。


五浦庭園カントリークラブ会場では、20歳のアマチュア大岩龍一が、2位に9打差をつけるトータル18アンダーのぶっちぎりでトップ通過。同会場からは39名がサードQTにコマを進めた。

COCOPA RESORT CLUB白山ヴィレッジゴルフコース キングコース会場では、2016年「日本ジュニアゴルフ選手権競技男子15歳〜17歳の部」優勝の小斉平優和が、2位に5打差をつけるトータル21アンダーでトップ通過。同会場からは38名がサードQTに進出するが、その中には8月下旬に行われた男子のプロテスト(2018年度PGA資格認定プロテスト・最終プロテスト)を3位で突破し、史上最年少となる16歳2カ月で合格した竹内優騎も含まれている。

セカンドQTで残る日程は9月25日(火)〜9月28日(金)の小野東洋ゴルフ倶楽部(兵庫県会場)、10月2日(火)〜10月5日(金)の太平洋クラブ佐野ヒルクレストコース(栃木県)会場、静ヒルズカントリークラブ(茨城県)会場、ジャパンクラシックカントリー倶楽部キングコース(三重県)会場となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「プロ」をもっと詳しく

「プロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ