ラグビー界のスーパースター カーター デビュー戦で21得点にMOM トップリーグ

9月14日(金)22時8分 スポーツニッポン

<サントリー・神戸製鋼>マンオブザマッチに選ばれた神鋼ダン・カーター(右)(撮影・吉田 剛)

写真を拡大

 ◇ラグビートップリーグ第3節(2018年9月14日 東京・秩父宮ラグビー場)

 テストマッチ歴代最多の1598得点の記録を持つ元ニュージーランド代表SOダン・カーター(36)が新加入した神戸製鋼が、2連覇中のサントリーを36—20で破り、開幕2連勝とした。カーターは1トライ2ゴール4PGで計21得点を記録。マン・オブ・ザ・マッチにも選出される、鮮烈なトップリーグデビューを飾った。

 日本ラグビーの聖地は、まさにカーター劇場となった。相手キックオフで始まった前半、カーターがファーストタッチで何でもないパスを投じただけで、場内から歓声が沸いた。前半3分にWTB山下楽平が先制トライを挙げ、その後のゴールキックをポスト右に外すご愛敬はあったものの、その後はワールドラグビーの選ぶ年間最優秀選手に3度選ばれている実力を発揮。超一流のパス、キック、ランと、それらを選択する優れた状況判断でフィフティーンを自由自在に操り、前半22分には自らトライを奪って仲間から祝福の嵐を受けた。

 この日はカーター効果もあって、平日ナイターにも関わらず1万7576人のファンがスタンドを埋め尽くした。サントリーの沢木敬介監督も「素晴らしい教科書が日本に来たのは凄くプラスになる。ちびっ子にとってもそうだし、見本になるプレーを見せてくれるので、日本にとってプラス。今日もスペースへの判断が凄く速くて、キックパスラン全てが素晴らしかった」と脱帽した。

スポーツニッポン

「ラグビー」をもっと詳しく

「ラグビー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ