丸山桂里奈 全治6か月の大ケガは「中国の幽霊のせい」と母

9月15日(木)16時0分 NEWSポストセブン

全治6か月の大ケガを負った丸山桂里奈

写真を拡大

ロンドン五輪の出場権を順当に獲得した「なでしこジャパン」。キャプテンの澤穂希選手が多くの注目を集めるが、「なでしこ」は実に個性豊かな女性たちの集団である。ここでは、注目の新刊『なでしこジャパン栄光への軌跡 世界一のあきらめない心』を上梓したスポーツライターの江橋よしのり氏が、“美女ストライカー”と評判の丸山桂里奈(かりな)選手(ジェフ千葉レディース)のエピソードを紹介する。


* * *

ロンドン五輪予選を戦う間、なでしこジャパンが泊まったホテルでは、毎夜、怪奇現象が起きていたそうです。選手たちが寝静まったころ、丸山選手と安藤梢選手(デュイスブルク)が泊まる部屋の呼び鈴が鳴り、2人が「何事か」と飛び起き、ドアを開けると、誰もいなかったといいます。


チームメイトのイタズラだとは思えません。超過密日程のなか、コンディショニングに影響する睡眠を邪魔するのはタチが悪いですし、そもそもイタズラをするほうにも、夜中にそんな暇はないはずです。ライバルチームの嫌がらせだとしても、わざわざ日本の宿舎で、しかも丸山選手と安藤選手の部屋だけを狙う理由が不明です。


丸山選手は寝不足に悩まされました。そのうえ、この五輪予選では出場機会もなかなかめぐってきませんでした。チームの劣勢を挽回する切り札として投入されることが多い丸山選手ですが、今大会のなでしこジャパンはタイ戦以外、1点を守り切る試合展開となりました。そのため「逃げ切り」ではなく「追いかける」展開が得意な丸山選手は、ベンチで仲間たちを見守るばかりでした。


来年の五輪本大会に向けてアピールしたい丸山選手は、最後の中国戦に「試合前の練習で膝に違和感があった」にもかかわらず後半途中から強行出場。最後のプレーで前十字靭帯損傷という大怪我を負ってしまいました。


全治6か月と診断された後、私はすぐに丸山選手の母・慶子さんに電話しました。すると慶子さんは「中国の幽霊のせいですよ。例のピンポンダッシュ事件も、膝の怪我も、かりちゃんが幽霊に狙われたとしか思えない」と、やり場のない怒りをにじませながら語りました。


「それでも、桂里奈は前しか向いていません。『起きてしまったことは変えられない。ロンドンで金メダルを取るために、私はサッカーの神様から試練を与えられたのだと思う』と、娘はそういうんです」


丸山選手は患部を少しでもいたわりたいと、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの栄養分も積極的に摂取して、回復に努めているそうです。この9月中に手術を行ない、その後は長いリハビリをこなす予定です。ピッチで元気な姿を見せられるのは2012年の春になりそうですが、怪我を乗り越えてまたひとまわり大きくなった丸山選手に期待したいです。


撮影■金子悟

NEWSポストセブン

「ケガ」をもっと詳しく

「ケガ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ