アストンマーティンF1、2022年もストロール&ベッテルのラインアップを維持

2021年9月16日(木)17時35分 AUTOSPORT web

 9月16日(木)、アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チームは、2022年シーズンもランス・ストロールとセバスチャン・ベッテルを起用すると発表した。


 昨年までレーシングポイントの名前でF1に参戦していた同チームは、2021年シーズンよりアストンマーティンへとリブランドされた。アストンマーティンがF1を戦うのは61年ぶりのことで、チームオーナーのローレンス・ストロールの息子であるランスと、かつてはレッドブルやフェラーリに在籍していた4度のF1チャンピオンであるベッテルがドライバーとして名前を連ねている。


 アストンマーティンF1は現在、第14戦イタリアGPを終えた時点でベッテルが35ポイント、ストロールが24ポイントを獲得しており、コンストラクターズ選手権では7位につけている。中団勢の争いは非常に拮抗しているが、そんななかでもベッテルは第6戦アゼルバイジャンGPで2位に入賞し、アストンマーティンにF1での初の表彰台をもたらした。


 2022年は大幅なレギュレーション変更が予定されており、勢力図も変わるだろうと予想されている。新時代を迎えるF1での、ストロールとベッテルの活躍に期待したい。





AUTOSPORT web

「アストンマーティン」をもっと詳しく

「アストンマーティン」のニュース

「アストンマーティン」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ