広島エルドレッド氏が“ドラフト会議”で初仕事 「カープにフィットする選手を…」

9月16日(月)16時2分 フルカウント

引退セレモニーから一夜明け「eBASEBALL プロリーグ2019 ドラフト会議」に登場

 昨季まで広島でプレーし、15日にマツダスタジアムで引退セレモニーを行ったブラッド・エルドレッド氏が16日、都内で行われた「eBASEBALL プロリーグ2019 ドラフト会議」に登場した。引退と同時に駐米スカウトに就任しての“初仕事”。コナミデジタルエンタテインメントの人気ゲームソフト「実況パワフルプロ野球(パワプロ)」を使って、本物のプロ野球同様にペナント制覇を目指すeBASEBALL選手を2人指名した。

 引退セレモニーから一夜明け、エルドレッド氏は背広で登場。いきなりの初仕事に「急激な変化ですね」と戸惑いながらも大役をこなした。広島は、ともに参加したアンガールズ山根良顕氏らとともに、プロテストを通過した46人の候補者の中から、伊勢家雄次選手と徳田直也選手の2人を指名した。

 指名した2人に「集中してプレーすること」と“プロ”の先輩としてエールを送ったエルドレッド氏。今後は駐米スカウトとして、実際のプロ野球選手も発掘していくことになる。「カープの求める選手、フィットする選手を発掘したい。色んな選手を見てきたことを生かしたい」と抱負を語った。

 自身は、2002年に米ドラフト6巡目で指名を受けてプロのキャリアをスタートさせた。そのときのことを「ちょっと覚えています」とし、「家にいて電話で指名されたのでちょっと違いますね」と振り返った。

 7年間で133本塁打を放つ活躍をし、主砲として広島で愛された。選手としては引退したが、今後も「広島のエルドレッド」として活躍する。(工藤慶大 / Keita Kudo)

フルカウント

「広島カープ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「広島カープ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ