トットナム ベール獲得へレンタルで交渉中、本人も古巣復帰を希望

9月16日(水)19時18分 スポーツニッポン

レアル・マドリードのFWガレス・ベール(AP)

写真を拡大

 イングランド・プレミアリーグのトットナムが、スペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベール(31)を期限付き移籍で獲得することで交渉していると、16日付の英衛星放送スカイスポーツ(電子版)が報じた。

 マンチェスター・ユナイテッドも獲得に興味を示しているが、ベールは古巣のトットナムへの移籍を希望しているという。

 ベールとレアル・マドリードの契約は2022年まで残されており、完全移籍の場合は移籍金が発生する。トットナムは財政面で費用の捻出が難しい状況にあるため、レンタルでの獲得を交渉しているようだ。

 ベールは2013年に移籍金8600万ポンド(約117億円)でトットナムからレアル・マドリードに移籍。ジネディーヌ・ジダン監督(48)に構想外扱いとされており、昨シーズンは公式戦20試合に出場し、3ゴールに終わった。

スポーツニッポン

「獲得」をもっと詳しく

「獲得」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ