上原彩子がメジャー初最終組でのツアー初Vに王手!「バリバリ意識しますよ」

9月17日(日)10時47分 ALBA.Net

メジャーでのツアー初Vのチャンスが!(撮影:村上航)

写真を拡大

<エビアン選手権 2日目◇16日◇エビアン・リゾートGC (6,470ヤード・パー71)>

宮里藍の引退試合で盛り上がっていた今大会で、もう1人の日本人が心にずっと秘めていた夢をかなえようとしている。米LPGAツアーに参戦して5年目にして初めて、メジャー大会での最終組スタートを決めたのが、この日7バーディ・2ボギーの“66”の猛チャージを見せた上原彩子。トータル8アンダーまでスコアを伸ばした上原は、8位タイから一気に単独2位に浮上した。


「自分のスコアがあんまり分かってなかった。(スコアを)数えてなかったです。昨日も今日も、バーディを7個獲ったことを終わるまで知らなかった」と、笑顔で天然コメントを炸裂させた上原。「きのうよりショットは全然良かった」と言うように、この日はフェアウエーやグリーンをビシビシ捉え、チャンスを作った。2回叩いたボギーは、「2つとも3パット」したものだが、本人曰く、「パッティングの感覚はいい感じ」らしく、「明日は3パットを無くして、無駄な1打を打たないように頑張ります」と、全く意に介していない様子だった。

しかし、上原にとって明日は夢を叶える大事な大舞台。“メジャーで活躍したい”という気持ちでアメリカに渡り5年目にして、ようやくメジャーでの最終組でプレーするチャンスをつかんだ。しかも、自身のツアー初優勝もかかっている。「緊張したくなくても緊張すると思うので、その辺は楽しんで。最終組で回れることがうれしいですし」と、あくまで自然体を強調するものの、「明日は(スコアを)数えますよ。最終日ですから」と茶目っ気も見せた。

あすは、同じ沖縄出身の後輩で、米LPGAツアーではずっと背中を追ってきた宮里の現役最後のラウンド。「藍ちゃんが(2011年に)2度目の優勝をした時には優勝の水掛けをした」という上原が、今回逆に引退する宮里から祝福を受けることになれば、「“超”ストーリーができますよね(笑)頑張ります」と、“勝ちたい”理由がもう1つ増えた。

勝利へのキーポイントを聞かれ、「最後はパッティングじゃないですか。入るか入らないか…」と答えた上原。「せっかくこの位置にいるので、もうバリバリ意識しますよ」と、にこやかに優勝宣言した33歳を全力で応援したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宮里藍をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ