アトレティコ、新スタ最初のゴールが誕生! 6万8000人の観客を沸かせたのは…

9月17日(日)5時43分 フットボールチャンネル

 現地時間16日にリーガエスパニョーラ第4節の試合が行われ、アトレティコ・マドリーはホームにマラガを迎えて対戦し1-0の勝利をおさめた。この試合から新スタジアムが使用され、最初のゴールも生まれている。

 試合開始して61分、右サイドを駆け上がってきたアンヘル・コレアがゴール前に向けてクロスを入れると、アントワーヌ・グリーズマンがダイレクトで合わせて先制点を決めた。この得点が決勝点となり、アトレティコは1-0の勝利をおさめている。

 これまでアトレティコはエスタディオ・ビセンテ・カルデロンを本拠地としていた。同時に数年前から新スタジアムへの移転計画を進め、マドリード郊外に位置するエスタディオ・オリンピコ・デ・マドリード、通称“ラ・ペイネタ“を大幅改修し、座席数を約2万個から約6万8000個に増やしていた。

 芝生は、人工芝と天然芝をミックスしたハイブリッド芝が採用され、2015年以来アトレティコに20%の出資をしている中国の大連万達(ワンダ)グループがネーミングライツを獲得。そのため新スタジアムは「ワンダ・メトロポリターノ・スタジアム」という名称になっている。記念すべき最初の試合で、グリーズマンが歴史に刻むゴールを決めた。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

誕生をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ