リーグV一夜明けのホークスは延長10回サヨナラ負け、西武勝利で2位堅守

9月17日(日)17時12分 フルカウント

一進一退の攻防も、10回にモイネロがまさかの押し出し四球

 パ・リーグ優勝を決めたソフトバンクは、サヨナラ負けでひと休みとなった。V決定から一夜明けた17日の西武戦(メットライフ)。1点ビハインドの8回にシュリッターから2点を奪って一気に逆転したものの、3番手の岩嵜が同点弾を浴びると、5番手モイネロが決勝点を与え、サヨナラを許した。

 前日に優勝を決めたにもかかわらず、ベストメンバーで臨んだソフトバンク。7回まで多和田の前にゼロ行進を続けていたが、8回、西武2番手のシュリッターに牙をむいた。先頭の中村晃が遊撃内野安打で出塁すると、柳田が中前安打で続き、無死一、三塁。柳田が盗塁を決めて二塁に進むと、デスパイネが左前への2点適時打を放って、試合をひっくり返した。

 先発の千賀は2回に犠飛で先制点を奪われたが、6回5安打1失点と好投。7回の嘉弥真は無失点でしのぐも、逆転した8回に今季69試合目の登板となった岩嵜が、山川に被弾して同点。延長10回にモイネロが、先頭の源田に左前安打を許した後、自らの牽制悪送球と犠打で1死三塁のピンチを迎える。山川、浅村との勝負を避けて満塁策を取ったが、最後は栗山に押し出しの四球を与えた。

 西武は先発の多和田が、ソフトバンク打線を7回まで5安打無失点に封じる好投。2番手シュリッターが逆転を許したのは誤算だったが、8回に山川が18号ソロを放って、試合を振り出しに。9回は増田、10回を牧田が抑えると、延長10回1死満塁で栗山が押し出し四球を選んで、サヨナラ勝ちを収めた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サヨナラをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ