西武山川が華麗な守備で同点機阻止、見事なグラブトスで俊足の柳田を刺す

9月17日(日)14時34分 フルカウント

1点リードの3回にボテボテの一ゴロを見事に処理

 西武の山川穂高内野手が、華麗なプレーを披露した。17日のソフトバンク戦(メットライフD)。3回の守備で、見事なファインプレーが飛び出した。

 1点をリードして迎えた、この回。先発の多和田が死球と四球を与えて迎えた2死一、三塁の場面。ここでソフトバンクの柳田が放った打球は、一塁前へのボテボテのゴロとなった。

 打者の柳田は俊足の持ち主。打球に向かった山川は、やや二塁側から回り込みながら捕球すると、そのままベースカバーに入った多和田にグラブトス。わずかに多和田の足が、柳田よりも早く一塁を踏み、間一髪でアウトとなり、同点の危機を免れた。

 好調バットが続く山川だが、守備でも俊敏な動きで、ファンを魅了している。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西武をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ