イチロー今季代打100打席目は空振り三振 田澤純一は5年連続50登板達成

9月17日(日)12時38分 フルカウント

マーリンズは連敗を6で止める

 マーリンズのイチロー外野手が16日(日本時間17日)、ミラー・パークで行われたブルワーズ戦で代打で出場したが空振り三振に終った。今季、代打での打席、打数ともにメジャー記録を更新しているベテランは代打打席数が「100」に到達した。また田澤純一投手は2番手で登板し、ピンチを迎えながらも無失点で抑え、今季8ホールド目をマーク。右腕は5年連続50登板を達成した。7-4で勝利したマーリンズは連敗を6で止めた。

 6回にマーリンズ先発のコンリーが2本のソロ弾を被弾。6-3とリードが3点に縮また2死一塁の場面で田澤がマウンドに上がった。右腕はここで三塁内野安打と四球で満塁のピンチを迎えたが、ペレスを右飛に仕留めて無失点で切り抜けた。田澤はこれで2013年から5シーズン連続で50登板を達成した。

 その裏、イチローが代打で登場。2死二塁の好機に打席に立ったが、代わったばかりの右腕ドレークの前にフルカウントから空振り三振に倒れた。イチローはこれで今季の代打打席数が100に到達。今季はメジャー記録の94を更新すると、記録を大きく塗り替えており、代打安打数もここまで両リーグトップの26本でメジャー記録の28本に「2」に迫っている。

 イチローはこの日1打数無安打で打率.260。田澤は0回1/3を1安打1四球で防御率5.22となっている。(Full-Count編集部)

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

イチローをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ