石川遼意気消沈で「入れ替え戦」苦戦

9月17日(日)11時0分 まいじつ


(C)まいじつ



プロゴルファーの石川遼がアメリカのPGAツアーの入れ替え戦で苦戦をしている。


石川は今季、PGA1部の20試合に出場したものの、予選通過は8回のみで、1部残留に必要なポイント数が確保できず、2部ツアーとの入れ替え戦に回ることになった。


「入れ替え戦は全部で4試合あり、その初戦で石川は50位と散々な結果でした(現地時間9月4日)。4戦を終えて上位25人までに残ることができなければ、来季は2部ツアーへ降格です。石川は厳しい状況に置かれています」(専門誌記者)


入れ替え戦初戦後に石川は、「すごく悩んだり考えたり、試行錯誤のシーズンだった」と、弱気ともとれるコメントを残した。不振の原因はショットの安定さを欠いていることだ。それは本人も分かっているようだが、ほかにも原因があるという。



施設グレードの差を痛感か


「メジャーな大会と無名のツアーでは、施設に大きな格差があります。クラブハウスの食事メニュー、シャワールームの清潔さ、周辺ホテルにしても、ベッドだけの狭く薄暗い部屋しかありません。初戦では、トイレも億劫そうに使っていました。全ての2部ツアーがそうではありませんが、みんなそういった環境から這い上がってくるのです」(特派記者)


先の石川のコメントは、シャワールームを出たあとに発せられた。環境の違いが気持ちをさらに萎えさせたようだ。若くして頭角を現した石川は、常にいい環境でプレーをしてきた。入れ替え戦前は「失うものは何もない」と言っていたが、実際に施設の違いを感じたのかもしれない。


「石川は『一打に対しての思いが下がってしまった。そのことに気付いた』とも話していました」(同・記者)


1部ツアーへの残留に失敗した場合、日本への帰還も検討しているという。日本のゴルフ場の施設は充実しているので、いずれショットの安定さも取り戻せるかもしれない。しかし、“お坊ちゃん体質”を改めなければ、活躍するまでには至らないだろう。


まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石川遼をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ