マクラーレン・ホンダ「2台そろってポイントを」

9月17日(日)8時7分 日刊スポーツ


<F1:シンガポールGP>◇予選◇16日◇シンガポール

 パワー不足の不利を抱えるマクラーレン・ホンダにとって、最もポイント獲得のチャンスが大きいと期待される市街地レースのシンガポールGPだが、予選では8位・9位と2台そろってQ3に進出して所期の目標は果たしたとフェルナンド・アロンソは語る。
 「ここはオーバーテイクが難しいから、1周目が終わった時点から順位はそれほど変わりはしないだろう。だからポイントを獲るためにはトップ10からスタートすることが重要だし、今日2台そろってQ3に進めたことで仕事の半分は果たせたと言える。あとはスタートに集中して、あとはミスを犯さずそのポジションを守ることに集中するだけだ」。
 しかしトップからのタイム差は1・688秒。パワーの有無がラップタイムに与える影響が10kW(約13.6馬力)あたり0・1秒程度と小さいことを考えると、予想以上にこの差は大きかった。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグに7位を奪われ、いつもは車体の優秀さを誇るマクラーレンのエリック・ブリエ(レーシングディレクター)も「シンガポールはGPS信号が弱く正確な分析は難しいが、車体性能では4番目」と認めざるを得なかった。
 ホンダの長谷川祐介F1総責任者は、今季限りでの提携解消が決まったが「最後まで1ポイントでも多く獲得するためパフォーマンスを最優先に全力を尽くす」とマクラーレン側の現場技術陣と意思確認済みで、シンガポールGPでもダブル入賞を目指すとした。
 「正直言うと、もう少し上に行けるかなという気持ちはありました。ルノーにまた上に行かれてしまったのも残念です。ここは非常に抜きにくいのでスタートとピット戦略が重要になると思いますが、基本的なペースは問題ないと思っていますし、2台そろってポイントを獲得すべく最善を尽くします」。(米家峰起通信員)

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

シンガポールをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ