田沢 5年連続50試合登板達成 日本人メジャー初

9月17日(日)12時36分 日刊スポーツ

マーリンズ田沢

写真を拡大


<マーリンズ7−4ブルワーズ>◇16日(日本時間17日)◇ミラーパーク

 マーリンズ田沢純一投手(31)が、日本人メジャーとして初の5年連続50試合登板を達成した。
 6−3と3点リードで迎えた6回表2死一塁の場面で救援。不運な安打と四球で満塁となったが、最後は1番ペレスを右飛に仕留めてピンチを脱した。
 投球成績は、1/3回を1安打無失点1四球。4試合連続無失点となった。
 2009年、レッドソックスでメジャーデビューした田沢は、10年の右肘手術を経て、12年からメジャーに定着。13年に71試合に登板して以来、セットアッパーとして安定した投球を続けてきた。
 試合後は、記録について「あまりそこ(記録)に意識はなく、まだシーズン残ってますし、1試合1試合を積み重ねて、少しでも多くこのメジャーのマウンドで投げられたらいいと思います。支えてくれた人に感謝したいです」と、淡々と振り返った。
 試合は、マ軍が快勝し、連敗を「6」で止めた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ