エレコム神戸が接戦制す QB糟谷が決勝のTDパス

9月17日(日)16時37分 日刊スポーツ


<アメリカンフットボール:Xリーグ:エレコム神戸7−0アサヒ飲料>◇リーグ戦第3節◇17日◇神戸市王子スタジアム◇日刊スポーツ新聞社ほか主催

 エレコム神戸が接戦を制し2勝1敗と白星を先行させた。アサヒ飲料は1勝2敗となった。
 前半は拮抗(きっこう)した展開となり、0−0で折り返した。後半からエレコム神戸はRBジョーダン・カンザリのランを中心にテンポ良く進める。第3クオーター(Q)4分27秒にQB糟谷啓二郎がWR和田俊亮(しゅんすけ)への3ヤードTDパスを決め、そのまま逃げ切った。
 狩野良太ヘッドコーチ(32)は「なかなかエンジンがかからず、テンポ良くドライブできなかった。これからも貪欲に勝利を求めてやっていきたい」と次節10月9日のIBM戦を見据えた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

神戸をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ