G大阪長谷川監督「持てる力出し切る」天皇杯V意欲

9月17日(日)22時37分 日刊スポーツ


 ガンバ大阪の長谷川健太監督(51)が17日、来季ACLの出場権を得ることができる天皇杯制覇に意欲をみせた。16日大宮アルディージャ戦は後半ロスタイムにFW長沢駿(29)のゴールで追いつく劇的ドロー。一夜明けたこの日は、大阪・吹田市内で調整した。
 20日に天皇杯4回戦で柏と対戦する。長谷川監督は「リーグ戦でも自分たちより上位におり、強いチーム。ホームだが、厳しい試合になる」と予想。その上で「ACL(出場権)が懸かった大会。持てる力をすべて出し切りたい」と意気込んだ。今季限りで退任する指揮官だが、最後にタイトルをもたらす意欲は高い。
 

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

監督をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ