新体操「フェアリージャパン」選考に最多122人

9月17日(日)16時7分 日刊スポーツ

新体操トライアウトに参加した、現代表含むシニアとジュニアの選手たち(撮影・戸田月菜)

写真を拡大


 新体操日本代表「フェアリージャパン」の団体メンバー候補を選ぶトライアウトが17日、東京・北区の国立スポーツ科学センターで行われた。
 現代表を含むシニア、ジュニア、育成プログラム合わせて122人が参加。世界選手権の団体総合で42年ぶりにメダルを獲得した影響もあり、過去最多の参加人数となった。
 現代表は基本的に代表メンバー継続となるが、トライアウトには参加することになっている。現代表主将の杉本早裕吏(21=日体大/みなみク)は「日本の良さである明るさ、同時性をなくさずに、美しさを極めていきたい」と東京五輪も見据えて話した。過去最多の参加人数については「フェアリージャパンに憧れて、多くの子どもたちが集まってくれてうれしい」と喜びの表情をみせた。
 フェアリージャパンは来年2018年の世界選手権(9月、ブルガリア)で団体総合3位以内に入ると、東京五輪の出場権を手にする。今回のトライアウトでの選抜メンバーは東京五輪の切符を懸けた戦いに臨むメンバーとなる。山崎浩子強化本部長(57)は「1代1代で結果を残さないと、道は続いていかない。(世界選手権での銅メダルよりも)上の段階に進むためには、作品が複雑にならないといけない」と課題も明らかにした。
 トライアウトの1次的な合否は1週間後をめどに協会ホームページに掲載される予定。台風の影響で参加できなかった団体メンバー候補生と個人候補生のトライアウトは、11月12日に行われる。11月のトライアウトの結果も踏まえ、12月の理事会で新メンバーが承認される。12月から来年1月には、新生フェアリージャパンが始動する見通し。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

新体操をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ