本田真凜シニアデビュー戦V「自分との戦い勝てた」

9月17日(日)11時41分 日刊スポーツ

USインターナショナルフィギュアスケートクラシックで優勝し、笑顔でメダルを手にする本田(撮影・菅敏)

写真を拡大


<フィギュアスケート:USインターナショナルクラシック>◇第3日◇15日◇米国・ソルトレークシティー◇女子フリー

 SP首位の本田真凜(16=大阪・関大高)が、フリー131・52点で1位となり、合計198・42点でシニアデビュー戦を制した。
 フリーの曲は、憧れの荒川静香さんがトリノ五輪で金メダルをたぐり寄せた「トゥーランドット」。「何があっても絶対最後まで滑りきる」と自分に言い聞かせ、緊張した面持ちで滑り出した。冒頭の3回転ルッツ、続く3回転連続ジャンプと美しく着氷。標高約1300メートルの高さで空気が薄く、終盤にかけてスピードが落ちていったが、何とか最後まで滑りきった。フィニッシュポーズの後は、酸欠で足がよろめく。血の気のうせた真っ青な顔でリンクから出ると、ぐったりと倒れ込んだ。得点を待つキスアンドクライにも座れないほど力を出し尽くした。
 体調を取り戻した本田は、表彰式で君が代を熱唱。得点や順位より、「自分との戦いに勝てた」充実感があった。「やるべきことはできたが、まだまだ頑張らないといけない」と満足はしない。「今季の1番の目標は変わらない」。シニア大会初出場初優勝で、目標の五輪への思いを新たにした。
 

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

本田真凜をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ