日本ハム西川 今季5本目の三塁打でチャンスメーク

9月17日(日)14時54分 日刊スポーツ

日本ハム対オリックス 1回裏日本ハム無死、西川は右越え三塁打を放つ(撮影・佐藤翔太)

写真を拡大


<日本ハム−オリックス>◇17日◇札幌ドーム

 日本ハムが初回に2点を先制した。
 1番西川遥輝外野手(25)が今季5本目の三塁打でチャンスメークすると、2番松本剛内野手(24)が左前適時打を放ち先制。「西川さんが三塁打で出てくれたので、自分のバッティングができるようにと思って打ちました。良い当たりではなかったんですけど、いいところに飛んでくれたと思います」。
 さらに3番大谷も右前打を放って好機を広げ、1死一、三塁から5番ブランドン・レアード内野手(30)が「バットの芯先だったけど、最低限の仕事はできたかな」と、犠飛を放って2点目。幸先よく先行した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本ハムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ