豪栄道1敗キープ「前に出ることだけを考えていた」

9月17日(日)9時27分 日刊スポーツ

強烈な突き押しで正代(左)を攻める豪栄道(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇7日目◇16日◇両国国技館

 豪栄道は鋭い立ち合いから突き押しを緩めず、前に出続け、正代を押し出した。

 今場所1番とも言える内容で、1敗をキープ。「集中してできた。しっかり前に出ることだけを考えていた」。今場所と同じかど番だった昨年秋場所で全勝の初優勝を飾った。「昨年は昨年、今年は今年。まだまだ7日目。集中して自分の相撲をとれれば、結果はついてくると思う」と表情を緩めなかった。

 ◆八角理事長(元横綱北勝海)の話 豪栄道は落ち着いて足を前に出していた。勝ち越しが見えてだいぶ楽になったのでは。日馬富士はまだ、いつもの相撲ではない。張り手も必死さの表れ。精神的に、今までと何倍も苦しい中、取っている。

 ◆幕内後半戦の藤島審判長(元大関武双山)の話 豪栄道は今場所一番の会心の相撲で、優勝した時のような圧力があった。日馬富士は全力士の中で一番、プレッシャーを感じて取っている。大変だと思います。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

豪栄道をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ