分業制から不動の守護神に…バルサGKテア・シュテーゲンが100試合出場達成

9月17日(日)18時3分 サッカーキング

バルセロナで100試合出場を達成したテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがクラブでの通算100試合出場を達成した。バルセロナ公式サイトが16日に伝えている。

 テア・シュテーゲンは同日のリーガ・エスパニョーラ第4節、ヘタフェ戦に出場し100試合を達成した。公式サイトによると、2014−15シーズンからバルセロナに所属する同選手はこれまで9個のタイトルを獲得。100試合での総失点は95で、枠内シュートのセーブ率は75パーセントを記録しているという。

 1992年生まれのテア・シュテーゲンは現在25歳。加入当初は現在マンチェスター・Cでプレーするチリ代表GKクラウディオ・ブラボと分業制でリーグ出場はゼロ。チャンピオンズリーグ(CL)には全試合、カップ戦もほとんどの試合に出場し、チームの3冠達成に貢献した。翌シーズンに初めてリーグ戦デビューを飾ったが、状況は変わらず主にCL、カップ戦での起用になった。転機が訪れたのは加入3年目のシーズン。ブラボの移籍に伴ってリーグ戦でもレギュラーポジションを掴み、守護神の座を手にした。プレシーズン好調だったオランダ代表GKヤスパー・シレッセンとの競争に勝ち今シーズンも定位置を掴むと、ヘタフェ戦で日本代表MF柴崎岳にゴールを決められるまで4試合連続無失点と安定した活躍を見せている。

 長くバルセロナでGKを務め、先月に現役引退が報じられた元スペイン代表GKビクトル・バルデス氏はクラブGK最多の通算602試合に出場。公式戦では535試合に出場し441失点、リーガで最も失点率が低いGKに送られるサモラ賞を歴代最多の5回獲得している。まだ25歳と若いテア・シュテーゲンは偉大な先輩の記録を超えることができるだろうか。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バルセロナをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ