柔道界の“ヒフミン”は超イケメン! 世界柔道優勝まで守った誓いとは?

9月17日(日)9時0分 週刊女性PRIME

成田空港に到着後、金メダルを手に取りポーズをとる阿部一二三選手(9月5日) 撮影/齋藤周造

写真を拡大

 将棋界では、“ヒフミン”こと加藤一二三九段(77)が人気者になったが、柔道界でも“ヒフミン”が脚光を浴びている。

 兵庫県出身の阿部一二三初段(20)で、“怪物”と呼ばれる168センチのハンサム・ガイだ。



 8月下旬にハンガリーで開かれた世界選手権で初出場ながら、男子66キロ級で6試合中5度の一本勝ちで頂点に。

 一躍、3年後の東京オリンピックのホープとなった。

 大会前にすでに成人していたが、「世界柔道で優勝するまでは飲酒はしない」と断言。

 優勝後の打ち上げでついに“解禁”したことを打ち明け、「優勝してコーチたちとビールを飲めてうれしかった」と笑顔で振り返った。

週刊女性PRIME

この記事が気に入ったらいいね!しよう

世界柔道をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ