【巨人】小林、畠の連続適時打など5回に3点追加…同率3位DeNA戦

9月17日(日)16時10分 スポーツ報知

5回1死満塁、中前適時打を放つ小林(捕手は戸柱)

写真を拡大


◆巨人—DeNA(17日・東京ドーム)

 巨人は3—0の5回。小林、畠の連続適時打と陽の犠飛で3点を追加した。

 巨人は、5回から登板したDeNA2番手・加賀を攻め、小林が1死満塁からしぶとく中前に運び加点。続く畠も中前適時打を放ち、プロ初安打初打点を記録した。1死満塁から陽のセンター犠牲フライで、この回3点を挙げた。

 DeNAは、先発・浜口が5回の打席で代打・石川を送られ4回3失点で降板し、5回から加賀が登板した。

 巨人先発の畠は、CS進出へ同率3位のDeNAに対し力投。6回無失点、5回まで無安打の快投を見せた。6回に先頭の倉本、桑原の連打で1死二、三塁と得点圏に走者を進められるも、筒香、ロペスを打ち取り、無失点で切り抜けた。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

巨人をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ