【巨人】由伸監督「辛抱強く粘っていくしかない」…17日DeNAと最後の直接対決

9月17日(日)6時3分 スポーツ報知

惜敗し厳しい表情で引き揚げる高橋監督(カメラ・中島 傑)

写真を拡大


 巨人がCSを争うライバル・DeNAとの最後の直接対決2連戦初戦に完封負け。同率3位に並ばれた。0—0の4回、マイコラスが梶谷に先制ソロを被弾。DeNAの6投手の継投の前に、ホームが遠かった。マイコラスは7回1失点の好投も、7敗目。来日3年目でDeNA戦では初黒星となった。チームは8月以降、1点差試合は一つも勝てず8連敗となった。

 最後まで、重い扉をこじ開けられなかった。DeNAの攻撃を1点に食い止めたが、本塁が遠かった。直接対決2連戦の初戦を落とし、3位に並ばれた。由伸監督にとっても覚悟していた紙一重の展開だった。

 「お互い、どちらも必死だし、引けないところ(試合)だから、こういう試合になる」

 連打を待たず、点を奪いに行ったが、結実しなかった。2回に長野が遊ゴロ併殺、4回には右打ちで走者を進めようとした坂本勇が二ゴロ併殺に倒れると、中盤はリスクを背負って攻め方を変えた。5回1死一塁では小林の初球にエンドラン。敵失を誘い、2死満塁まで好機は広がったが、マギーのライナーは三塁の正面を突いた。6回には村田の打席で一塁走者の坂本勇を走らせたが、戸柱の好送球に阻まれた。

 7回には亀井が食らいついて左前へ運び、好走塁で二塁を陥れた。同点の機運が高まったが、最低でも進塁打が欲しい場面で長野が三振。「何とか三塁に送らないといけなかった」と悔やんだ。走者を進めたい局面を思い通りにできなかったことが完封負けにつながり、指揮官はベンチで奥歯をかみ締めた。

 「そこ(7回)だけじゃないけど、全体的に苦しく、もう一歩(前に)行けなかった。(投手は)全員がいい投球をしてくれたし、何とか点を取らないと」

 梶谷のソロに泣いたマイコラスは7回1失点。通算11戦目で同カード来日初黒星を喫したが、12戦連続2失点以下、9月初失点の右腕は責められない。9月の4敗は全て完封負け。17日の2戦目は個々が高い精度で役目を果たし、畠を援護する必要がある。

 2連敗すれば4位に転落する。由伸監督は5割復帰、貯金1、3位浮上—と苦労して壁を越えてきた今季を思い起こすように言った。

 「5割の時もそうだし、DeNAに追いつくまでもそうだった。そう簡単に行くとは思っていない。チーム全体で辛抱強く粘っていくしかない」

 「勝負の週」と位置付けた阪神、DeNAとの5試合は、4戦を終えて1勝1敗2分け。Aクラス死守のため、最後の直接対決を総力戦で奪いにかかる。(宮脇 央介)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DeNAをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ