【ローズS】G2覇者カラクレナイ、距離に泣き14着

9月17日(日)17時28分 スポーツ報知

 ローズステークス(GII) ラビットラン(左)が直線抜け出す。 2着はカワキタエンカ

写真を拡大


◆第35回ローズS・G2(9月17日、芝1800メートル、阪神競馬場、良)

 3着までに与えられる秋華賞(10月15日、京都)の優先出走権をかけて、3歳牝馬18頭が争った。

 和田竜二騎手が手綱を執った8番人気のラビットラン(栗東・角居勝彦厩舎、父タピット)が直線外から一気に差し切って優勝。デビュー5戦目の重賞初挑戦でタイトル奪取を果たした。2着にはハイペースで引っ張った6番人気のカワキタエンカ(横山典弘騎手)が逃げ粘り、3着には3番人気のリスグラシュー(武豊騎手)が入り、3連単は33万1090円の高配当となった。1番人気のファンディーナ(岩田康誠騎手)は直線で伸び切れずに6着に終わった。

 ルメール騎手(クイーンマンボ=12着)「ペースが速く、追走に苦しんだけど最後はしっかりと伸びてくれた。芝も悪くないですね」

 吉田隼騎手(メイズオブオナー=13着)「勝ち馬と同じような位置で運んでたんですけどね。緩い馬場はひと息の感じでした」

 川田騎手(カラクレナイ=14着)「1800メートルでもリズムよく走ってくれましたが、残り400メートルあたりで止まってしまいました」

 幸騎手(アロンザモナ=15着)「流れに乗って4コーナーもいい感じでしたが、追ってからがひと息でした」

 秋山騎手(ブラックスビーチ=16着)「流れに乗せて運びましたが、4コーナーで手応えがひと息に…」

 田辺騎手(ハローユニコーン=17着)「休み明けで動けませんでした」

 松山騎手(ヤマカツグレース=18着)「リズムを大事に流れに乗せて運んだんですが…」

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

阪神競馬場をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ