中垣内ジャパン、5戦全敗に終わる

9月17日(日)20時14分 スポーツ報知


◆報知新聞社共催 バレーボール ワールドグランドチャンピオンズカップ男子大会最終日 ブラジル3—0日本(17日・大阪市中央体育館)

 世界ランク12位の日本は、同1位でリオ五輪金メダルのブラジルに0—3で敗れ、5戦全敗で大会を終えた。ブラジルは4勝1敗で大会4連覇を達成した。

 試合開始から格上のブラジルに圧倒された。勢いに押され第1セットを17—25で奪われると、第2セットはブロックを次々に決められて15—25点突き放された。

 第3セット終盤。22—23と食らいついて意地を見せたが、デュースに持ち込むこともできず22—25で3セットを連取された。

 日本は前々回大会から同大会通算12連敗。中垣内祐一監督(49)は「ブラジルはそつがない。つけいる隙を与えてくれなかった。たとえ負けるにしても力を出そう、やろうとしてきたことが、遅かったけれども最後に出てきたかな。そんな気がします」と話した。

 同大会は全て終了。イタリアが4勝1敗でブラジルと勝ち点12で並んだがセット率で2位。3位に4勝1敗で勝ち点9のイラン。以下米国(2勝3敗)、フランス(1勝4敗)、日本(5敗)となった。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

男子バレーをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ