【ソフトバンク】東浜「3回でつぶれてもいい」熱投6回1失点16勝

9月17日(日)7時2分 スポーツ報知

6回1失点の好投で16勝目を挙げた東浜

写真を拡大


◆西武3—7ソフトバンク(16日・メットライフドーム)

 力を出し尽くした。東浜は正直だった。「3回でつぶれてもいいぐらいの気持ちだった。あれが、精いっぱいでした…」。背番号と同じ16日に両リーグ単独トップの16勝目を挙げ、おまけに優勝へ導く力投。「今までの優勝とは違います」と言葉に実感を込めた。

 工藤監督が手塩にかけて育て上げた右腕。昨季は2ケタ勝利に1つ届かず「1年間、ローテーションを守ること」と最低限の目標設定した。開幕から一度も登録抹消なし。発熱しながら臨んだ1日の楽天戦(ヤフオク)でも歯を食いしばり、6回2/3を無失点と責任を果たした。1人で貯金12。この日も5者連続三振など、6回1失点と十二分の働きだった。

 亜大から3球団競合の末に入団し、5年目。「マジック1でマウンドへ上がらせてもらうのは、プロ野球人生でもあるかないか」と大きな自信になった。間違いなく立役者の1人。もう少し頑張れば、初タイトルのご褒美も待っている。(長田 亨)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソフトバンクをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ