【中山新馬戦】トーセンブレス、大外一気で豪快にデビュー戦飾る

9月17日(日)14時18分 スポーツ報知

17日の中山5Rを勝ったトーセンブレス

写真を拡大


 17日の中山5R、2歳新馬(牝馬限定、芝1600メートル、16頭立て)は、ディープインパクト産駒の2番人気トーセンブレス(美浦・加藤征弘厩舎)が大外から豪快に差し切って、初陣を飾った。勝ち時計は1分37秒5。

 柴田善臣騎手を背に、道中は最後方でじっくり脚をためる形。4角から直線で外に持ち出すと、雨が降り続く稍重の馬場で、メンバー最速の上がり3ハロン34秒0(2位は3着のヒメベニサクラで35秒1)の末脚を繰り出し、内で先に抜け出していた1番人気のプリモシーンを1馬身3/4差でかわしさった。鞍上は「カッと行く面があったので、今日はスッとスタートを出なかったのが逆に良かったのかも。上手に走っていたし、調教のイメージ通り、いいフットワークだったね」と上々の評価。

 芝1200メートルのオープンで2勝を挙げた母ブルーミンバーも管理していた加藤征調教師は「月曜の芝1200メートルの新馬戦も考えていたけど、ゆとりのある走りでストライドも大きいので、こちらへ出走した。これからどんな気性になっていくかだけど、現状では母より距離はもちそうだね」と笑顔を見せていた。次走は様子を見ながら決められる。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デビューをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ