【岡崎真の目】所作に華ある真凜 ジュニアより30秒長いフリー楽しみ

9月17日(日)6時28分 スポーツニッポン

USインターナショナルクラシックのSPで首位発進した本田真凜

写真を拡大

 ◇フィギュアスケートUSインターナショナルクラシック(2017年9月15日 米ソルトレークシティー)

 昨季使用のプログラムで慣れていたとはいえ、今季初戦で見せたほぼ完璧なSPは、本田真凜の潜在能力を示す内容だったと思う。冒頭のスピンで微妙にふらついた以外にミスはなく、高地という環境でそつなくこなした。フットワークなど基本的な部分で成長が見られたことも、良かった。

 プログラムを構成している一つ一つの要素を、流れを損なわずつなげられるのが本田というスケーターの特長だろう。ジャンプやスピン、ステップという要素に苦手もなく、所作には華がある。若い才能が次々と出てくる日本女子の中にあって、特異な存在と思う。

 同時期の別大会で樋口がマークした得点よりは低かったが、本田のプログラムは今後変更されることを考えると、直接対決が楽しみだ。多少のルールの違いはあるとはいえSPはシニアもジュニアも同じ要素数、同じ演技時間。3分30秒から4分に延びたフリーでどんな演技を見せてくれるか注目したい。 (ISUテクニカルスペシャリスト、プロコーチ)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジュニアをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ