田沢「支えてくれた方々に感謝」日本投手初の快挙 5年連続50試合登板到達

9月17日(日)12時28分 スポーツニッポン

 ◇ナ・リーグ マーリンズ7—4ブルワーズ(2017年9月16日 ミルウォーキー)

 マーリンズの田沢が16日(日本時間17日)、ブルワーズ戦で6—3の6回2死一塁で2番手として登板し、1/3回を1安打無失点、1四球。チームの連敗を6で止める快勝に貢献するとともに、日本投手では初となる5年連続50試合登板に到達した。

 日本のプロ野球を経ずに海を渡り、レッドソックスで09年にメジャーデビュー。右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)も乗り越えて13年から積み上げた記録について、右腕は「意識せずに(今後も)1試合1試合積み重ねて、少しでも多くメジャーの舞台で投げられたらいいと思います。支えてくれた方々に感謝します」と話した。

 これまで日本投手では長谷川滋利(97〜00年)、岡島秀樹(07〜10年)、田沢の3人が4年連続で最多だった。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ