ユニバ初の単独Vを支えた裏方の奮闘 東大監督が変装、警備員と押し問答も

9月17日(日)10時8分 スポーツニッポン

東大の浜田一志監督

写真を拡大

 史上初の単独優勝で幕を閉じた今夏ユニバーシアード野球競技。大学日本代表悲願の単独金メダルの陰には、裏方の奮闘があった。

 近年は他国のデータ分析を代表スタッフとは別に各大学の現役監督が務めており、今大会は東大・浜田一志監督、国学院大・鳥山泰孝監督、さらに明大の選手兼学生コーチの庭田草志と吉武優大が開催地に派遣された。

 上位トーナメント進出をにらみ、日本代表戦を見ることはなく、ひたすら他国の分析を続ける。公然と偵察行為ができない中で、できる限りの情報を集めなければならない。周囲に違和感を与えないようにするため、浜田監督はあえてタンクトップに短パン、サンダル姿で毎日球場に通ったという。「その格好で朝、ホテルに周りを散歩していたら、現地の人に道を訪ねられた」と振り返るほど完璧な「変装」でつぶさに相手国を見続けた。

 より良い位置から見ようと、がら空きのVIP席になんとか入ろうとして英語で警備員と押し問答したり、地元のファン以上に4人で網にかぶりついて試合を見たり…まさに大奮闘だった。そうして得られた情報は、鳥山監督の提案で代表選手で作ったLINEグループで共有。映像も交えて、膨大な情報をあげていった。自チームの指導もあるため、代表より先に帰国。金メダル獲得の一報は日本で聞いた。

 浜田監督は「東京六大学は日本の野球で唯一、天皇杯をいただいている。だから、国の代表のためになるならなんでもやろうと思った」。鳥山監督も「少しでも貢献できたなら本当に良かった」胸をなで下ろした。

 善波達也監督は「優勝できて本当にホッとした。選手、関わって下さった皆さんのおかげ。感謝したい」とねぎらった。(記者コラム・松井 いつき)

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

監督をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ