日本ハム宮西 延長10回、痛恨被弾…今季48試合目の登板で5敗目

9月17日(日)19時38分 スポーツニッポン

<日・オ>10回途中降板する宮西

写真を拡大

 ◇パ・リーグ 日本ハム2—4オリックス(2017年9月17日 札幌D)

 日本ハムの宮西尚生投手(32)が17日、オリックス戦で痛恨の決勝弾を浴びた。2—2の延長10回に5番手で登板。2死二塁で4番・ロメロを迎え、フルカウントから投じた6球目の変化球を左翼席に運ばれた。

 8月に入ってからコンディションが上向き、過去8試合連続で無失点と好調を維持していた左腕は「ボール球でしたけど、甘くは入ってしまった…」と反省。入団から10年連続50試合登板という金字塔に向けて着実に歩みを進めているが、今季48試合目の登板で5敗目を喫した。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本ハムをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ