西武・辻監督続投 V逸も…4年ぶりCS進出決めた手腕を評価

9月17日(日)5時48分 スポーツニッポン

西武の辻監督

写真を拡大

 ◇パ・リーグ 西武3—7ソフトバンク(2017年9月16日 メットライフドーム)

 西武・辻発彦監督(58)が2年契約の2年目となる来季も続投することが16日、分かった。ソフトバンクに敗れてリーグ優勝は逃したが、4位・オリックスが敗れたため4年ぶりのCS進出が決定。関係者の話を総合すると、昨季まで3年連続Bクラスと低迷していた状況で就任1年目の辻監督の手腕を球団フロントが高く評価。来月中に正式発表される。

 今季は7月中旬から13連勝を飾るなど、現在貯金19の2位の好位置。スタメンで起用し続けた新人の源田、外崎が主力に成長するなど育成能力も高い。辻監督はV逸が決まった試合後「悔しいけど(選手が)昨年より今年の方が悔しかったと思ってくれれば価値がある」と奮起を促した。CSでの巻き返し、そして来季は10年ぶりのリーグ優勝を目指す。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西武をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ