糸井 3割へカウントダウン 残り13試合17安打がノルマ

9月17日(日)7時8分 スポーツニッポン

室内練習場で打ち込む糸井

写真を拡大

 阪神・糸井が加入1年目での打率3割達成と生涯打率3割キープへ向けたカウントダウンに入った。

 まずは今季だ。目下377打数112安打、打率・297。2年連続、通算8度目の3割を達成するには残り13試合で1試合平均4打数の計算で17安打がノルマとなる。8月の月間打率・353を記録し、9月もここまで12試合で打率・389と好調を維持しており、十分に可能な数字と言える。

 生涯打率3割キープに関しては、さらにハードルが低くなる。すでに16日時点で打率・301。残り13試合、同じく1試合平均4打数の計算で10安打を放つことができれば3割をキープだ。報道陣に「中止で〜す」と軽口をたたきながら引き上げた姿が好調ぶりを物語った。

 ≪08年新井貴以来≫阪神へFA移籍した野手が1年目に打率3割をクリアすれば、08年の新井貴浩(打率・306)以来2人目。同年の規定打席446に対し、新井は410打席で終わったが、五輪出場選手の特別措置で規定打席到達が認められた。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

阪神をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ